日本舞踊 習っちゃいました!
fuzima.exblog.jp
タグ:藤間流 ( 86 ) タグの人気記事
|
|
2007年 12月 05日 |

もう・・・ってかんじですよね。


旅行から帰って、風邪を引き、就活に追われ・・・。
バタバタしていました。

結局、「都鳥」は一応最後まで行っていましたので、
旅行から帰って来たら、終わりということに・・・。


で、今は来年の踊り初めに向けて、
すっごく難しく早くて大変な『七福神』を
お稽古しています。

短い曲なのに、あまりの早さについて行けず・・・・。
進みません。
色々な振りが入っているので、こなすのに一苦労です。





長唄「七福神」

それ伊弉諾弉冊夫婦寄り合い
漫々たる和田津海に天の逆鉾降させ給い
引上げ給う其したたり凝り固まって一つの島を
月読日読 蛭子素盞鳥儲け給う
蛭子と申すは恵比寿のことよ
骨なし皮なしやくたいなし三年足立ちたまわねば
手繰りくりくる来る船に乗せ奉れば
蒼海原に流したまえば海を譲りに受取り給う 
西の宮の恵比寿三郎いとも賢き釣針おろし 
万の魚を釣りつった姿はいよ扨しおらしや

引けや引け引け引く物品々
様はきわずみ琵琶や琴 胡弓三味線東雲横雲
そこ引け小車 子供達に御座れ宝引しよ宝引しよと
帆綱引っかけ宝船曳いて来た

いざや若い衆網引くまいか 沖の鴎がぱっと
ぱっと立ったは三人張強弓 よつ引絞りにひょうふつと
射落とせば浮きつ沈みつ 浪に揺られて沖の方へ引くとの
水無月なかば祇園どのの祭で 山鉾飾って渡り拍子で曳いて来た

拍子揃えて打つや太鼓の音のよさ
鳴るか鳴らぬか山田の鳴子 山田の鳴子
引けばからころ からりころり からりころり からころからころからころや

くつばみ揃えて神の神馬を引連れ引連れ 勇みいさむや千代の御神楽

神は利生をつげの櫛 引神は利生を黄楊の櫛 引く注連縄の長き縁を

[PR]
by omodaka21 | 2007-12-05 10:11 | お稽古 |
2007年 10月 20日 |
すみません~~~~(ノ_<。)ビェェン

歌舞伎仲間の方に、
「お稽古ブログ、更新して下さい」
と先日お逢いした時に言われました(;^_^A アセアセ…

某サイトの方で色々書いていたので・・・。



順を追って書きますね。
まず、9月の初舞台の感想です。



浴衣会が終わり、 安堵しました。

結果・・・・・聞かないで下さいね。
初舞台とはいえ、お師匠には色々と怒られましたが・・・。

もう、ボロボロだったのです。
振りが途中で抜けちゃって・・・。
でも、一応最後まで踊りましたが(T^T)

しかも、息子さん(舞踊家さんで、教えています)には、
「初舞台は、あれでいいんだよ」
といいつつも、大爆笑していました。

でも、すっごく楽しかったし 良い経験をしました!

大先輩方に支えられて、とっても嬉しかったです。
そして、感謝してます。

有り難う御座いました m(__)m




そして、今は新しい曲のお稽古です。

今度は、大人の女形の踊りです。
じっくりゆっくりじわ~と、というのが次の課題です。
『都鳥』という長唄です。

かなり短い曲ですが、
本当に難しいです。

お稽古場の先輩から、
「いつも、難しいのをやるよね~」
て言われています。
私が選んだわけではないのですが・・・。



と、こんな感じでした。

こちらのブログも忘れずに更新しますねm(__)m
[PR]
by omodaka21 | 2007-10-20 09:35 | お稽古 |
2007年 09月 21日 |
昨日で、最後のお稽古・・・。

もうボロボロでした。



本番用のテープでのお稽古。
音が違う(汗)
本来ならば、当たり前のこと。
ただ、同じテープでず~~~とお稽古していたので、
間とかタイミングがずれ過ぎて・・・。

始めて、お稽古中に泣きそうになりました。


もうどんなにわめいて騒いでも、
本番は、土曜日です。

無事に「五郎」を踊ることが出来ますように・・・。
[PR]
by omodaka21 | 2007-09-21 09:11 | お稽古 |
2007年 09月 10日 |
ゴタゴタ中だったので・・・。
今日で、今の会社におさらばです。

長い間、勤めていたので沢山の思い出があります。
ちょっと寂しい気もしますが・・・・。

これかの人生、まだまだですから[m:50]

気持ちを入れ替えて、
転職活動に励みたいです。

ともかく、仕事仕事だった自分に、
お疲れ様~~ですかね[m:29]





そんで、今月の22日は、初舞台の日。
はっきり今は、こちらが重要・・・・。

浴衣会だからといっても、
ちゃんと舞台に上がるのですから・・・。
心配!!!


私の、お稽古場は、本当にベテランさん
(名取さん・師範の方々・お稽古数年の方など・・・)
ばかりです。
唯一の、ひよこが私です(汗)

あくまでも浴衣会ですが・・・。
地方さんではなく、テープです。
ちなみに、浴衣とはいえ着物ですから。

もし、気になる方がいらっしゃれば・・・。
明細をお伝えします。

今まで、日本舞踊を観たことが無いという方は、
気楽に見に来て下さいませ!!


時間 11:30~
     (私は、2番目なので・・・)
場所 日本橋教育会館
   http://www.jepsra.gr.jp/topix/map_nihonbashi.html
料金 無料

※楽屋?にきて下さっても大丈夫です(笑)
[PR]
by omodaka21 | 2007-09-10 08:30 | 日記 |
2007年 08月 08日 |
昨日もお稽古でしたが、暑かったですね~~!!

お稽古場のクーラーがあまり効いていなかったので、
自分の番の『雨の五郎』で、すでに凄い状態でした。

流石に、お師匠も
「効かないわね~」
とつぶやきながら、温度を下げていました。

ある意味、ダイエット!!


今、来月の初舞台に向けてお稽古中ですが、
傘だの手紙だの慣れない道具を使ってのお稽古。

いつものようにはいかなくて・・・。
焦る自分。

とりあえず、一応振りは覚えたようで・・・。

なので、今度は早く踊ってしまう。
ゆっくりゆっくり曲を聴いて・・・が難しい。

で、道具がついてくると、今度は間に合わない。

私ってお馬鹿??
と自分を責める時が最近あります。


お稽古場の中で唯一の、初舞台は私だけ!
他の方は、ベテランさんばっかりで、
テンションが下がり気味。
いくら浴衣会といっても、投げ出しては踊りたくない。
やるからには、ちゃんとそれなりに踊りたい。

「五郎」は、短い曲だけれども、その中身は、
物凄く濃いものなので、
ちょっとでも手を抜くと、「五郎」では無くなってしまう。

だから、本当に怖い。

踊りは、何年やっても完璧は、無いのだから・・・。
毎日のお稽古も勉強・勉強の積み重ね。
分かっているけど進歩の無い自分に呆れる。

こんなので、いいのかな~。
浴衣会・・・出たくないな~とちょっぴり弱音。
もう少し後でもと思ってしまっている。

頑張れ!自分!!
[PR]
by omodaka21 | 2007-08-08 09:22 | お稽古 |
2007年 07月 13日 |
最後まで振り入れが終わりました。

昨日から、本格的に1つ1つの型を決めながら、
全部を踊っていっています。

五郎は、力強く見せなくてはいけないので、
その辺がとても大変です。


振りも、なんとかかんとか一応、頭に入っている模様。

9月までに、しっかり一人で踊れるようにしなくては・・・。
そんな事、できるのでしょうかね~。

長くお稽古していても、すっごく楽しいので飽きません(笑)

頑張れ私!!
[PR]
by omodaka21 | 2007-07-13 13:17 | お稽古 |
2007年 07月 04日 |
って、書くことが・・・。

あまり変わっていないので・・・(汗)



昨日、傘を持ってのお稽古でした。

一応



さる程に 曽我の五郎時致は 
雨の降る夜も雪の日も 通い通いて大磯や
廓の諸分けのほだされ易く 誰に一筆雁の伝て
野暮な口舌を返す書 粋な手管につい乗せられて
浮気な酒に宵の月 晴れてよかろか
晴れぬがよいか とかく霞むが春の癖
いで オゝそれよ 我も又
何時か晴らさん 父の仇
十八年の天津風 いま吹きかえす念力に
逃さじ遺らじと勇猛血気 その有様は牡丹花に
翼ひらめく胡蝶のごとく 勇ましくもまた健気なり
薮の鶯気まゝに鳴いて 羨ましさの庭の梅
あれそよそよと春風が 浮名立たせに吹き送る
堤の董鷺草は 露の情に濡れた同士
色と恋との実くらべ実浮いた仲の町 よしやよし




ここまでは、振り入れが終わって、
一つ一つを固めるお稽古に入っています。


ちゃんと傘を持つといかに大変か・・・。

重たいし、真っ直ぐささなくてはいけないし・・・。
またもや難問が・・・・。


果たして、本番用の傘でも踊れるのかしら??
今は、小さいお稽古用の傘なので・・・・。

で、もう少したら、今度は手紙を持ってのお稽古。

あ~~~大変。


でもでも、好きです(笑)




最後の



孝勇無双の勲は 荒人神と末の代も
恐れ崇めて今年また 花のお江戸の浅草に
開帳あるぞ賑わしき




は、まだ先のお稽古となりそうです。


最近は、火・木・土と週3回頑張ってお稽古に行っています!

まだ、しっかりとは振りが入っていないので・・・。


9月まで、長いようで短いですが、頑張ります!!!


  
[PR]
by omodaka21 | 2007-07-04 08:51 | お稽古 |
2007年 06月 11日 |
すみません・・・。

何も変わっていないので、書くことが無かった・・・(汗)


『雨の五郎』の振り入れは、かなり進みました。
が、まだまだとってもとっても大変です。

最近は、火・木・土と週3回、行かれる時は、行くようにしています。

今は、お師匠からひとつひとつの動きを丁寧に教えて
もらっています。



さて、土曜日は、お稽古場の近くでお祭りがありました。
都内では有名なお祭りです。

お師匠が、地元なので、お稽古中にお神輿が来たので、
「見に行きましょう!」
と言う事で、私を含め3人で見学に行きました。
丁度浴衣だったので、何となく嬉しかったです。
[PR]
by omodaka21 | 2007-06-11 08:47 | お稽古 |
2007年 05月 21日 |
土曜日もお稽古に行って来ました!

いや~~『雨の五郎』も大変です(笑)

本当に足腰が痛くて・・・。
でもかっこいい~ですよね。

土曜日は、ちょっと先に進みました。





いつも、私の一つ前にお稽古をする先輩の後見をしていますが、
土曜日もその『三ツ面子守』の後見をしていました。

やっぱり後見も大変です。
覚えていないと何処でどう渡せばよいか、タイミングがつかめなくなってしまいます。
土曜日もお師匠に注意されました。
受け取る側の人になってねと・・・・。
そうなんですよ~~右と左の向きを間違えてしまったのです(汗)

平謝りです・・・・。

でも、『三ツ面子守』の振り、なんとなく頭に入ってしまいました!
[PR]
by omodaka21 | 2007-05-21 10:51 | お稽古 |
2007年 05月 18日 |
昨日、いきなり

「もういいでしょ~。『廓八景』は、また誰かお稽古した時にやりましょう。今日から、『雨の五郎』にしましょうね~。五郎は色々な役がありますが、この五郎はかっこいい~ので、気に入ると思いますよ。」

と、こんな会話で、お稽古が始まりました。

その前に、昨日はお稽古場がごった返していました。
7月に会があるという、師範の先輩親子がお稽古に、いつもより早い時間に来ていたので、
皆さんがつっかえてしまっていました!!
久しぶりに賑やかでした。

そんなこんなで、お稽古を始めたのが8時過ぎた所。

で、お師匠に話しかけられました。


さて、お稽古が始まりましたが、『お祭り』『廓八景』と男をやっていましたが、
この『雨の五郎』の男は、ずいぶん違っているので、出だしから大変です。
歩き方が・・・。
『お祭り』や『廓八景』は、どちらかというと江戸的で、粋な感じ、
『雨の五郎』は、威勢が良く、かっこいい~という感じでしょうか。
歩くにも、かっこつけて男らしく、しかも決めるポーズが多い・・・。
いやはや大変ですよ。





雨の五郎(時致・八重九重花姿画)

さる程に 曽我の五郎時致は 
(倶不戴天の父の仇 討たんずものと撓みなき弥猛心も春雨に濡れてくるわの化粧坂 名うとて聞きし少將の)
雨の降る夜も雪の日も 通い通いて大磯や
廓の諸分けのほだされ易く 誰に一筆雁の伝て
野暮な口舌を返す書 粋な手管につい乗せられて
浮気な酒に宵の月 晴れてよかろか
晴れぬがよいか とかく霞むが春の癖
いで オゝそれよ 我も又
何時か晴らさん 父の仇
十八年の天津風 いま吹きかえす念力に
逃さじ遺らじと勇猛血気 その有様は牡丹花に
翼ひらめく胡蝶のごとく 勇ましくもまた健気なり
薮の鶯気まゝに鳴いて 羨ましさの庭の梅
あれそよそよと春風が 浮名立たせに吹き送る
堤の董鷺草は 露の情に濡れた同士
色と恋との実くらべ実浮いた仲の町 よしやよし
孝勇無双の勲は 荒人神と末の代も
恐れ崇めて今年また 花のお江戸の浅草に
開帳あるぞ賑わしき
[PR]
by omodaka21 | 2007-05-18 13:10 | お稽古 |
The Original by Sun&Moon